名工大 D38 同窓会

名工大 D38 同窓会のホームページは、卒業後50年目の同窓会を記念して作成しました。

 管理者     
前田・宮口・三山
ブログ

コロナ ウクライナ 憂鬱な毎日がつづいています。井上和延

ロシアとウクライナ戦争 (その1)         2022年2月

どちらかが おおきな嘘をついている。 うそもこれだけ大きな嘘となると 人間と言う動物は動物の中でも 最も下等な動物のたぐいに入るのではないか、と思う。嘘というものは小さなものと思ってたし また嘘も方便と言う言葉もあるくらいだから 私は加害者でないとか 盗んでないとか 全く個々的なものと思っていた。しかし 今回の嘘は 天から下りたうそ、地球の深くから噴出したうそである。 これだけのスケールの大きい嘘をつける人は尊敬に値する対象物になってしまうのではないか。多くのロシアの人たちが彼等のボスに対し拍手 喝采を叫んでたのを TVでみると 皮肉な見方をすれば 私たちが 毎日見ているTVもすべてうそを見ているのではないかと思ってしまう。今後世界の人たちは なにが真実でなにがうそであるか 見分けがつかず総てに対して疑いすべてが嘘となるか、或いは すべてが真実となり、疑う事象がなくなりすべてが本当となるという二つに分かれてしまうのではないか。TVでは このうそをプロパガンダと云っている。手元にある3000ページにわたる研究社の英字辞典 プロパガンダ=組織的に行う宣伝、普及活動とある。虚の字はない。

(その2)

2022年2月14日からの ロシアがウクライナに侵略を始めた戦争は TVを見る限り悲惨というしかない。私を含めそれ以前に生まれた多くの日本の人たちは あのアメリカと戦った悲惨な戦争を思い出し又大本営発表を思い出したのでは と思う。ウクライナは当時の日本の姿とダブり、侵略したのは日本であるけれど ウクライナ市民の都市が破壊され 防空壕に身をひそめ空からの攻撃から身を守っている姿 先の戦争での都会での日本の姿である。都会だけではない、信州の田舎でも B25が飛んでき、空襲警報のサイレンがなり 国民学校1年生であった私もサイレンが鳴れば即帰宅となり、 防空壕へで勉強した覚えはない。更に 灯火管制がしかれ電灯の傘を黒い布で被い灯りの外へ漏れるのを防いだ。田舎でもこんな状況であったのであるから 生意気な言い方であるが 実際に戦った沖縄の人たちにとってはTVに映し出されるあの光景は見たくもないであろうとおもう。

 

(その3)

ウクライナは ひまわりの種 ひまわりの油の生産が世界一である。 ロシア兵士にひまわりの種をポケットに入れて置けと云ってウクライナ産のたねを渡した。あなたが戦死したらそこからきれいなひまわりが咲くでしょう。阪神大震災のときのひまわりの花  はるかのひまわりを思い出しました。 またソフィア ローレンの反戦映画 (ひまわり)を思い出しました。

更なるこのロシアの戦争は 日本の兵隊さんたちが降伏後 シベリヤ抑留され帰還した時の思い出と重なる。 私の父も昭和20年シベリヤ極東へ捕虜となり抑留され、昭和18年から24年末まで内地にいない。漸く24年11月に興安丸で舞鶴に帰還。 その後の抑留時代のシベリヤの話しは子供の私には 面白かった。

〇 当時の東のはずれのシベリヤも日本と同様かなり貧しかったのであろう 腕時計や金めのものはロシア兵にとられたこと。 極東シベリア方面の人々の教育程度低く時計も読めない人もいたという

〇 人数を数えるのにひとりひとり数えた事。タテとヨコに並んでいるのだから 掛け算で判るのにだ

〇 23年ごろの 日本の人たちは 食べ物に苦労している事 或いはシベリヤ物語の映画見たこと(シベリアの大地は 河と森 果てしもなく・・)の歌も日本語で捕虜の間で 流行った事戦後日本で流行った (異国の丘の歌)シベリアで歌われていた事はしらず。

〇 日本へ帰還した際  チョコレート入りビスケット沢山、枕代わりにしたという大きなパン、子供たちへのおみやげ。なけなしの労賃で買ってきたそうであった。昭和22,3年ごろの日本は 食料不足であったという情報が ささやかれ 貧困状態にあるとシベリアで聞いていた。まだまだ多くの話しあるが 今回のロシアーウクライナ侵略戦争は 私を当時の小学生に戻した。80過ぎにこんないやな思い出をを書かせたロシア罪深しである。

 

(その4)ここで一服の清涼剤 いい話です        (2022年3月)

春の甲子園選抜高校野球 福島県 会津只見町(人口約3000人ぐらい)の会津只見高校出場まさかあの小さな町の只見高校が まさか甲子園へ と思った人は沢山いたと思うが選抜され 大垣市の日大高校と戦った。勿論 負けとなったが 甲子園へバスでやって来た応援団の年配の人の言葉がよかった。『初めてみる甲子園 しかも おらが町の高校 うれしくて 恐らく涙がでて野球は見れないだろう。』 甲子園にはいつも 場外のエピソード甲子園、がある。

 

 

2022.4.11富士山展望の石割山登山、 山本信夫

今でも富士山は3合目位まで雪で真っ白である。

巷では、コロナとウクライナで大騒ぎ、悪いけど、もう疫病とか暴挙には限界、ウンザリだ。

山中湖にきて、道路上にはないが雪魂が処々で見受けられる。富士の崇高な山容を仰ぎ見ようと、石割山に登ることを思い立った。今年の初登山であるが、天候にも体調にも恵まれ、いい山行となった。今年も山に恵まれそうな予感かな。

 

データ 石割山標高 1413m   上り105分(3300歩) 下り75分(4600歩)

 

 

写真

  • 山中湖から富士山を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 石割山登山口 403段の階段の始まり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 石割の大岩をご神体とする石割神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 石割山頂上から富士、山中湖を望む

画家ヤン・ファン・エイクの先進性について~その6~ 山本雅晴

Ⅰ、前報に続いてヤン・ファン・エイクの絵画の先進性について作品「最後の審判」などについて記述する。

1.「キリストの磔刑」と「最後の審判」 1440~41年、メトロポリタン美術館 2010-11-23 鑑賞

本作品は制作年や三連祭壇画の両翼かディプティク(二連画)なのか、画家はファン・エイクか他の画家の

手が入っているのかなど議論されており結論には至っていない点がある。最近の情報ではファン・エイクの遺作の作品の一つで、「最後の審判」の上部はファン・エイクの下絵をもとに工房の助手の手で完成されたという見解が支配的ではあるが、まだいろいろ議論されている。

ファン・エイク私論-その6-まとめ

画家ヤン・ファン・エイクの先進性について~その4:絵画~ 山本雅晴

前報に続いてヤン・ファン・エイクの絵画の先進性について個々の作品について記述する。

「宰相ニコラ・ロランの聖母子」 1435年、ルーヴル美術館所蔵、2015-7-8,2016-3-16 2回鑑賞

  フランス東部のブルゴーニュ公国のオータンの名門出身のニコラ・ロラン(1376~1462)は1422年にブルゴーニュ公国の宰相となった。百年戦争の和平会議が北フランスのアラスで1435年に開催された。この和平会議を取り仕切ったのは宰相ニコラ・ロランであり、外交官役としてヤン・ファン・エイクも善良公の命で出席している。アラス和平会議によりフランスのシャルル7世とブルゴーニュ公国が講和し、これによりブルゴーニュ公国とイギリスの同盟は破棄された。ブルゴーニュ公国の善良公と宰相ニコラ・ロランは思惑通りの決着となり、ファン・エイクも絵画を描ける時間を得た。この時、宰相ニコラ・ロランは60才になろうとしていた。自分の故郷の北東フランスのオータンの教区教会に寄贈すべくエイクに注文した。古代ローマの遺跡が散在するオータンの名門ロラン家の邸宅やブルゴーニュ・ワイナリーなどがある領地にエイクを呼び寄せた。そこで入念に「宰相ロランの聖母子」を完成させ、ニコラ・ロランは念願のオータンのノートルダム・ドゥ・シャステルへの献納を果たした。この絵にも今までと違ったトリックを入れた。図1に全体図を、図2に中央部拡大図を示した。

ファン・エイク私論4-ロラン聖母子

ホームページへの1年間の訪問者リスト

ホームページ訪問者から下記の質問が来ました。本件、今まで誰にも説明していなかったのですが、
良い機会なのでご説明します。私のホームページ「ギャラリー前田」も同様です。

現在、私が管理しているホームページは2つですが、全て、日本文で書かれています。ホー
ムページを開設して10年以上経過しますが、プログラム内で統計情報(皆さんがアクセ
ス出来ませんが)をみると外国の方々が多く閲覧していることがわかりました。もちろん、
経過をみると、コメント欄に自分の商売のホームページを載せたり、商売に利用する人も
多々あります。従ってコメント欄は日本語のソフトが入っている方しかアクセス出来ない
ように日本語の文字でログインするプロテクトを目的のソフトが入っています。
しかし、真面目な閲覧者もいると思われるので、2年ほど前に機械翻訳を行うソフトを追
加したのは、伊藤さんの質問にある国旗の絵です。ここをに言語を選択すると、PDF以
外のテキスト文章は、目的の外国語に自動翻訳されます。機械翻訳なので、日本文の書き
方で意味不明な外国語に翻訳されます。しかし、皆さんが投稿されたのが、見知らぬ誰か
が読んでいると思えば楽しいではありませんか。山本信さんの写真等は感嘆していると思
いますよ。
時間のある方は自分の特異な言語を選んで見てください。
なお、添付に、この1年間の外国からの訪問リストを添付します。

以上ご参考まで
2月13日
前田和男

D38HP訪問者リスト

Do you know a golden ball ?   、井上和延

コロナで家に篭もり頑張ってる皆様へ  大昔の話です

中学2年になったばかりの英語を教わって一年たち ようやく英語が面白くなってきた頃の私の子分 いとこ がBreak Fastの時 (Do you know a G Ball?

夏休みで長野のいとこの家に滞在していた米国ニューヨーク大のビークマン(通称ビーク)に質問した。私は大学一年、片言通訳を引き受け いとこ、ビークと一緒の生活をした。 Experience of international living (国際生活体験)の男女大学生10名ぐらいだったと思うが長野の夫々の家にstayし日本の生活 観光を楽しむと言う事で長野市が招聘した事業の一環であった。

当然彼は驚き おまえはそんな高価なものを持っているのかと できたら please show me ,見せてくれとなった。 中学生の私の子分は彼が何を言ってるのか判らずなので必然的に私に通訳せよということになった。 (この馬鹿もん なんていうことを言ってくれたのか)と 我が弟分に言っても始まらず。G-Ballの説明をすることになってしまった。当然これにあたる英単語は知らず、男のボディでmost importantなもの、ここにあるものと 英訳出来ないからゼスチャーで説明.

ようやく納得。彼はGBにあたる英語を教えてくれた。-Two stones 一件落着

なお,子分は現在医師で活躍中

 

雪だるまの作り方

浦安の都会での雪だるま?(ねこ)子供たちよく作ったなと感心しました。

昔の事で またまた恐縮ですが だるまの作り方です。

  • 一体成型  雪が0.5~1mぐらいつもって かつ雪がサラサラでないときは雪を背丈ぐらいまで積み上げ足で踏み固くし削ってだるまとする。
  • 部分成型 30cmぐらいであったら、玉転がしを繰り返し大と小の丸玉を2個つくる。できた玉を組み合わせ だるま にする。

両方とも固くすること必要。できあがったら ジョロで水をまき固めるのもよし。

だるまの目から涙が落ちはじめたら 春が近くまで来たことになり

おもしろうて やがてかなしき・・・となるのです。

 

ブログで話題の富士山の事

 

初めて富士山をまともに、近くから見たのはおそらく会社にはいってからだと思う。

20年余裾野からのまともな富士山を見たこと無しである。 槍ガ岳や穂高或いは美ヶ原から あれが富士山だというのは有りだけれど。その富士山についてこの間ブログで話題になったので ちょっと触れてみたく雑文としました。

その1)私の友人にこの富士に取り憑かれたセミプロのカメラマンが宇都宮におり 富士山のすばらしい写真をブログに載せくれ、私はよく見ています。富士の裾野、忍野村 田貫湖辺りまでゆき 更に月の出や或いは日の出ごろの輝く富士山 あるいは雲のかかる富士山等々大変な作業と思いますが この富士に憑かれた男は苦にならぬそうです。

富士には月見草がよく似合うといったのは 太宰治ですが この友人は富士には月と雲が一番と云い寒い中、コロナの中でも重いいカメラを引っさげて 頑張っています。

その2)富士山は日本を代表する山ですが 夫々の地方にも富士があることも 知ってください。 まず私の家の近く有明に 安曇富士があり 私の生まれ故郷信州中野町には高井富士 遠く青森に津軽富士 岩手に南部富士 福島市には吾妻小富士、 群馬には榛名富士 鳥取には伯耆富士?・・ 皆様のかっての故郷にもあるのでは と思います。富士山の姿を見る事が出来ない地方にあるのでは?

その3)富士山の見える地域は何処が限界か 以前何かの本 或いは新聞で見たことありですが南は京都から見えるそうですし 北は東北の入り口白河あたり??との記憶ありです。北陸からはアルプスが邪魔ですし 信州からも八ヶ岳が邪魔 しかし1ヵ所だけあります。信州茅野市富士見町(りんどうの花を抱いて月より 使者が来るところ) よくここへ行きますが 感動する場所紹介します。茅野市の八ヶ岳山麓蓼科高原に 尖石(とがりいし)古墳の遺跡と考古館があり、そこから見る景色はすばらしいです。直ぐそばに八ヶ岳 北の遠くには北アルプス連峰 西に中央アルプス、南に富士山です。そこに立つと4~5千年前の縄文時代の人が、今私が見ている同じ富士山を見ていたのかと実感、ちょっと格好よく、いい気分です。コロナ終わったら名工大最後の遠足しませんか。 (PS) 古墳は海の近くになく遠い山間地に多い。 自然豊か 鹿、イノシシそれに野草 清らかな水、さらにコロナに効く薬草があるからです

 

 

 

昔懐かしき雪だるま、前田和男

昨夜、2月の雪ということで、この浦安でも5cm位積もった。午後になって、気温も上昇し、道路の雪が溶けたので駅の方に新聞を買いに行って、帰り道に団地内の小路を歩いていると2-3の雪だるまがあった。中でも、私が目を止めたのがこの雪だるまであった。気に入ったのは目玉に、何かの木の実を使っていたことである。残念ながら目の一つは既に溶けて落ちていた。(今朝、家内と雪だるまの話になって、私は田舎育ちだったので、自宅に炭があったが、今なら子供は何を使うのだろうかと話題にしていたところであった。)又、気に入ったのは口に小さな木枝を拾って使っていたことである。笑っているように見える。もう一つ、耳をつけていたことである。昔なら丸い頭だけであったような気がするが、子供の発想は何を想像していたのかと思った。また、鼻は、立体的に作られていた。可愛い猫のように見えますね。

「富士サン、いませんかー」 町田市内から見える富士山探索の記、 山本 信夫

今年の年賀状で「結局、自分の人生で残ったものは、山登りだけでした」と付記しました。

その山登りで、最も期待することは、均整のとれた美景と壮大な容姿を有する富士山にでくわすことです。

テレビなどでは、ドンと富士山を配した東京の画面が、よく見られます。わが町田市は、その東京と富士山との中間にあるので、以前から町田からも富士山が見えるのではないか、と思っていました。そこで昨年春ころから、西方向の山々に注視してきましたが前山(丹沢山系)すら出てきません。気候上安定した有雪期になって、やっと写真①が撮れました。

写真②、③のように山頂部分(9合目以上)だけにすぎませんが、それでも徒歩圏内の富士山そのものに違いなく、満足することにしました。

(別途、ネット調査では市内で、南町田グランベリーや小山田緑地などで富士山が見られるとのことですが、自分で確認してませんので、ここに掲載することは避けました。)

 

写真① 自宅から徒歩10分程度の丘から。当時は前山の丹沢山の積雪と思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真② 1月24日 横浜市との境界近くの丘の広場から撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真③ 1月31日 市内の成瀬駅前ハイツから撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真④ ③の富士山頂上のクラウン(王冠)部分。