名工大 D38 同窓会

名工大 D38 同窓会のホームページは、卒業後50年目の同窓会を記念して作成しました。

 管理者     
前田・宮口・三山
佐藤陽子の死、鈴木直久

佐藤陽子の死、鈴木直久

昨8月1日の新聞とネットが、彼女が7月19日に死去したことを伝えた。まだ72歳で死因は肝臓がんだった。

彼女は版画家の池田満寿夫と実質的には夫婦でおしどり夫婦として知られた。わたしは愛知県知多半島にある工場に勤務していたときに、その二人が一組の講師の文化講演会を聴いたことがある。その印象があまりにも鮮明に記憶に残っているので、そのことを書いておきたい。池田満寿夫は本業の版画に加えて、1977年に『エーゲ海に捧ぐ』で芥川賞を受賞して、当時人気絶頂だった。

その彼が講演会で選んだテーマが作陶だったから意外だった。知多半島は常滑焼の産地だから、そのことと関係があったのかもしれない。皿を作るために粘土をこねる苦労を飽きもせずに語った。それなりに面白かったが、わたしとしてはできれば版画の話を聞きたかった。

感銘を受けたのは続いて聴いた佐藤の歌唱だった。曲目は『蝶々夫人』の「ある晴れた日に」だった。写真で分かるように彼女は日本人歌手としてはまれな立派な体格である。その歌唱が会場に響き渡った。それが忘れられない最高の「ある晴れた日に」である。

なお、彼女の前夫が元外務官僚で退官後外交評論家として活動した岡本行夫であることを、佐藤の死と関連して知った。彼もまだ74歳で若かったのに、2020年に新型コロナウイルス感染症で死去した。

« »

コメント

  • 井上 和延 より:

    井上です
    佐藤陽子さんの報新聞で知りましたが 私は長野と福島に長年
    いましたから 御二人とも(池田満寿夫氏も含め)何か身近な
    感じあり。その1 佐藤陽子のVの先生レオニードコーガンの
    Vを福島で聴いたこと、その2 エーゲ海の池田さんは高校先輩 彼の同期には元国鉄スワローズのプロ野球町田行彦 阪急ブレーブスの 松橋(後にプロの審番)傑出した変わり種多しです。現長野高校5回生 私より4年先輩 
    その3長野市松代町に池田満寿夫記念館あり以前行ったことあり。  鈴木さんは実際にお二人にお話、歌、聞かれたとの事
     いい会社 いい所におられましたね。

コメントを残す

CAPTCHA


挿入するJPEG ファイルを選択下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください